2010年8月17日 (火)

『 まちと、からだを洗う夏 2010.8.14 』

ドタキャンにより予定より3人少ない5人でwobbly

『 まちと、からだを洗う夏  2010.8.14 』は行われましたspa

~最後は予定にない予想外の展開にsign02

当日・・・8月14日(くもり)

Img_3400

まずは今回のイベントの趣旨を僕から(写真左から2番目)参加者の皆さんへ説明。

「とにかく今回はSENTOでつながるプロジェクトの記念すべき第1弾イベントなので、まず銭湯の良さ、リラックスできて癒される点を味わってほしい。また、今日のイベントが終わったら銭湯に入って心で感じたことを周りの人に話してほしい。」ということを言いました。

とにかく、今回は銭湯を楽しむこと!

それがイベントの目的だ。

一通り、参加者の自己紹介が終わって、さぁ、ゴミ拾いの開始run

僕自身、町の中をゴミ拾いするのは小学校6年生の時以来!

その時は3人で半日、地元の町のゴミを拾ってましたdash懐かしい思い出・・。

思い出は置いといて、

今回、使うゴミ袋はもう一つのプロジェクト代表、市川さんがゴミ拾いの際に必ず使うというこちらのゴミ袋(写真)。

Img_3402 

本当にゴミ袋?と思うくらいカワイイデザインでびっくり。

これならどんどんゴミを拾ってしまいそうhappy01

そして、集合した北千住駅付近~銭湯・大黒湯周辺を30分かけてゴミ拾い!

やっぱり多いのはタバコの吸い殻down皆さん無意識に捨てていませんか?

でも、町の皆さんが掃除をしているのか、思ったよりゴミは落ちていませんでした。

Img_3403

なお、この写真を撮ってくれたのは女性です。もちろん参加者ですよ。

自慢の1眼レフで撮っていただきましたshine

Img_3420

そして、ゴミ拾いも終了。

いつのまにゴミ袋がいっぱいになっていますね。

Img_3492

今回、ゴミの回収を大黒湯さんに近いローソン千住寿町店さん(東京都足立区千住寿町26-8)にお願いしていました。オーナーの林様が今回のゴミの回収の件を快く快諾してくださいました。ご協力ありがとうございました!!

という事で、ローソン千住寿町店の前で記念撮影camera

Img_3495

さぁ、これでまちはきれいになった!

ということで、次はからだをきれいに!銭湯へ!

Img_3458

いや~土曜日の夕方は混んでるなぁ。自転車がたくさんありました。

さすが東京で1番と言われる銭湯。

前回の日記でも紹介している銭湯です。

Img_3515

いざ、入浴!

ゴミ拾いをした後の銭湯は格別でした。

本当にリラックスできましたspa

そして、風呂上りにみんなでコーヒー牛乳を飲んで、くつろぎました。

途中、女性カメラマンはリラックスし過ぎて寝そうになっていました笑

この大黒湯はいつ来ても地元の人達が集っている。おじいちゃん、おばあちゃん、親子で、子どもたちで・・。様々な世代の交流もきっとあるに違いない。地域の人と銭湯がしっかりつながっていることを感じられる銭湯だと改めて思った。

銭湯を満喫して、あとは飲み会をしに近くの居酒屋へ行く予定でした・・・が!

・・・ゴミ拾いをしている時に、僕達のことを見て声をかけてくださった方が、「夜から私の家(ガレージの中)でご近所さんを集めて飲み会をするから、おにいちゃん達も良かったら・・?」というお誘いを受けていたんです!

せっかく声を掛けていただいたので、

その方のガレージをトントン・・。

開けた瞬間に、歓迎ムード!

ご近所さんたち6人ほどが集まって、手作り料理、お酒が山ほど。

Img_3557

Img_3556

Img_3542

Img_3545

まさにでした!

まず、お招きいただいた皆さんに今回のイベントの趣旨を説明して、参加者の自己紹介。そして、皆さんから地元の町・千住についてのお話をしていただきました。来月には5年に1度の「千住のまつり」も行われるということです。

実際に、下町の人情にこんなにも触れたのは初めてでした。

気がつけば1時間半くらい楽しんでいました。

東京の下町には昔ながらのというか、今も変わらずずっと地域を大事に生きている人達がいた。強い地域のつながりが存在していた。

「  私達は地域で生きている  」

この一言が印象的だった。

普段からここの人達は助け合い、支えあいながら生活している。

災害が起きたからでもなく、自然と助け合って生きている。

これこそ、僕が目指したい地域の本当のつながりなのかもしれないと思った。

他人の僕達を孫が帰ってきた時のように、温かいおもてなしをして頂き、皆様には本当に感謝しています!

ステキな時間を共有できてとても嬉しかったです!

そんなこんなで、まさかの竜宮城で締めくくり!

記念すべき第1弾イベントは大成功に終わりました。

以上、報告でした。

2010年8月12日 (木)

8.14 追加情報 !!

8月14日(土) 14時からイベント開催が正式決定sign01

SENTOでつながるプロジェクト第1弾イベントspa

『~まちと、からだを洗う夏~』

Sento2010thumb300x373358_2 

http://another-project.com/2010/08/post-47.html

このSENTOでつながるプロジェクト協力して頂いている、もう1つのプロジェクトで大きく宣伝していただいています!

今回のイベントに関してもアドバイスを頂いたり、悩みを聞いて頂いたり、本当に感謝しています。ありがとうございます!!

このイベントを通して、地域、人との大切でなくてはいけないつながり、そして銭湯の良さを感じ取っていただければ最高です。

以下、http://another-project.com/2010/08/post-47.html

から詳細を引用させていただきました。

【開催日時】

2010年8月14日(土)14時00分~18時00分

【開催場所】

東京都足立区千住駅周辺

【集合場所】

北千住駅西口マルイ前

【開催概要】

銭湯という場を、今再び地域コミュニケーションの場と位置づけるべく行う最初のアクションとして、

次代に銭湯文化を引き継ぐ若者にその醍醐味を発見してもらう。

真夏の銭湯、番頭さんとの会話、心地いい空間で繰り広げられる気兼ねのない会話の数々。

今回は銭湯本来が持っている体を洗うという目的に加え、周辺の町をも清掃して一緒にきれいにしてしまおうという「もう一つのプロジェクト」とのコラボレーション企画でもあります。

まちと、からだ、さらに心まできれいになってしまうかも。

そんな夏の昼下がりを、体験してみませんか?

【開催銭湯】

大黒湯

【開催内容】

14時00分 集合

14時15分 北千住駅~大黒湯間清掃

15時30分 銭湯満喫

17時00分 懇親会

【持ち物】

タオル、着替え、お風呂セット(シャンプー、ボディソープ等)

2010年8月 6日 (金)

8.14 に決定!!

8.14 spa

8月14日(土)にSENTOでつながるプロジェクトの記念すべき第1弾イベント『銭湯ツアー2010(仮)』を開催することが決定しましたshine

【詳細】

日時:8月14日(土) 午後2時から~6時くらいまで

集合場所:北千住駅周辺(とりあえず)

参加人数:10~12名ほど

ツアーで使用する銭湯:大黒湯(足立区)

内容

1.北千住駅付近から大黒湯まで独自のルートでごみ拾い

2.ごみ拾い終わって疲れた体を銭湯で癒す

3.休憩スペースでコーヒー牛乳などを飲みながら、大黒湯で働くお母さん

  と語り合い

4.その後、近くのお店で参加者全員で飲み会??何でも語る会開催!

5.銭湯の可能性を皆で語り合って終了。

また近日、最終決定した内容をお知らせします!

2010年6月 5日 (土)

夏にイベントやります!

SENTOでつながるプロジェクト第1弾イベント!

このにやろうと思います!

必ずやります!!

場所は都内の銭湯を使って、

銭湯にあまり触れてこなかった若者を呼んで、

心のつながりをテーマにして、

銭湯のご主人にも協力を頂いて(これから交渉しに行きます!)

規模は小さいかもしれないけど、参加者にとって有意義で楽しめるイベントをやりたいと強く思っています。

どんなイベントにするか、細かな詳細はこれから打ち合わせをして決めていきます。

とはいえ、初めてのイベント・・・。

失敗もあるかもしれないけど、やんなきゃ始まりません。

やることが大事。

仕事で忙しい、疲れたとか言ってられない。

やるしかありません。

ご期待ください!

2010年5月15日 (土)

なんで銭湯なのか!?

SENTOでつながるプロジェクトの話をすると・・・

「えっ!?なんで銭湯なの?」と、

必ず聞かれます笑

正直、僕は昔から銭湯に通っていて、銭湯が好きで好きで仕方ないという感じではありません。

理由は・・・地域性と雰囲気です!!

この SENTOでつながるプロジェクトは地域活性化が目的。だから、銭湯を使って、銭湯から地域の人達がつながって、その銭湯にある周りの地域が少しでも活気づいてくれればいいな!という考えなんです。

銭湯が大繁盛するためにという、プロジェクトではありません。このプロジェクトがある程度の成果を出せた時は、銭湯ではなく、違う場所やツールを使って地域活性化のために活動していきたいと思っています。

銭湯は、それぞれの地域の人達のためのお風呂屋さん。

わざわざ電車に乗って遠くの銭湯に行ったりする人は、銭湯好きの人以外には、ほとんどいません。

家から近い銭湯に行くのが普通です。

そうすると、本当にご近所さん、その銭湯の周辺の地域に住む人しかその銭湯には来ません。

そうです。銭湯は地域の人が集まる拠点なんです!

何もしなくても地域の人が集まってくる場所!

ここを使えば地域活性化が出来るんじゃないか?

という単純な発想からきています。ただ、今の銭湯はお客さんがどんどん減って、経営的に苦しくなって潰れるところも多い現状がある。

それじゃ、せっかくの地域の拠点が死んでしまう!

逆に考えれば、この地域の拠点、銭湯を盛り上げれば、地域は元気になるんじゃないか!

この考えどうでしょうか?

それと銭湯の雰囲気、

昭和にタイムスリップしたような感覚になる歴史ある建物、

なんか落ち着くし、時間が止まったように感じる、

スーパー銭湯のような現代的なビルにはない良さ、

あの雰囲気は人の心を優しく、穏やかにすると思います。

地域性と雰囲気!

これが銭湯を使って、地域活性化をしようと思った理由です。

2010年5月 3日 (月)

大黒湯(足立区)

昨日、友達を連れて東京で1番と言われる銭湯に行ってきました。

大黒湯(足立区・北千住駅から徒歩5分)

Sdim0442_3

Sdim0438_3

普通にこの建物の前を通ったら、銭湯だなんて思わない!

お寺?かと思ってしまう。

Sdim0443_2

凝ってますね。

凝りすぎな感じもしますが、こういう所をお風呂に入る前に見るのも、銭湯の魅力の1つになっていると思います。

Sdim0448_2

フロントのおじさん、動いたからちょっとブレた笑

Sdim0449_4

ここで風呂上りにビンの牛乳を飲み干す!

Sdim0453_3

こんなに立派な庭があるのも珍しいみたいです。

Sdim0454_2

銭湯バーナナ犬もいましたよ笑 

今回は16時過ぎに行ってきましたが、お客さんは男湯で10人~13人くらいは入っていました。親子連れも1組いましたが、あとは近所のおじいちゃんばかりだった印象を受けました。

でも、16時の時点でかなりのお客さんが入っていたので、さすが1番と言われているだけあるな!と思いました。

このプロジェクトをするにあたっては、こういった人気があって毎日お客さんで賑わっている銭湯より、お客さんが全然来なくて、元気がない銭湯でやった方がいいような気がしました。

廃業寸前の銭湯に活気を取り戻させる!

そのために出来る事は何か?

いま、そのアイディアを色々考えています。

銭湯に普段行かない若者向けの銭湯ツアー、近所の子供たちが交代で銭湯のお手伝いをする子ども銭湯・・・。

まずは東京の銭湯を知ること!調べること!

良いアイディアあればどんどんコメントに残してくださいね。

2010年5月 1日 (土)

紹介されました!!

コチラで紹介されました!!!

この「SENTOでつながるプロジェクト」を始めるにあたり、

様々なアドバイスを頂いた市川真也さんが運営しているサイト

>『もう一つのプロジェクト』

このプロジェクトのロゴマークデザイン、名刺のデザインも市川さんにお願いしましたflair

「SENTOでつながるプロジェクト」についての想いを話した時に、ぜひ応援したいという事で、今回『もう一つのプロジェクト』の中で大きく取り上げて頂きましたsign01本当にありがとうございますsign03

『もう一つのプロジェクト』では、もう一つの100kmマラソン「集めよう、ゴミと募金。」、もう一つの箱根駅伝、ウェルカムラフトなど様々な活動を行っています。今後もどんな活動をしていくのか楽しみで仕方ありません!僕も頑張らないとっ!!

2010年4月29日 (木)

このプロジェクトをやろうと思ったキッカケ。

キッカケは1つではありませんでした。

色々な事が重なって、最終的にパッflairと頭に浮かんだのが、この『SENTOでつながるプロジェクト』でした。

上京

18歳で北海道から上京してきて、東京の人は冷たいな、怖いなという印象を受けました。実際会って話したりしてみると、そんな事はないんですが、満員電車の中では、大抵の人はちょっとでも体がぶつかったりするとイライラしだしますdespair

素直に…なんでこんな事で怒るのかな~と思ってしまいました。

他人というだけで態度が変わる・・・

初めての一人暮らし

東京の新居に着いた日に、隣の部屋の人に挨拶をしにいきました。

挨拶するのは当たり前と思っていましたが、あとで、東京ではアパートやマンションでは、わざわざ挨拶する人はそんなにいない。挨拶しないのが普通だと知りました。

隣に誰が住んでいるのかがわからない人もかなり多いということも知りました。

寺子屋 in八王子

寺子屋とは、僕が就職活動の最中に出会った小さな語り場の会。毎月2回夜に八王子に集まり、メンバーが日ごろの悩み、これからの生き方、今考えている事など、自由に何でも語り合う会。

メンバーは相模原にある会社の社長さん、僕の大学のOG、あとは僕を含め大学4年生(当時)数名。

毎回テーマが決まっているわけではなく、近況報告から始まり、これからやりたい事など、本当に何でも自由にしゃべれる場所shineでした。そして、皆で考えをシェアしあう。人に自分の本音で話すのは結構難しいんですよ。

そういう場所があるというのが、とても大事だなと思いました。寺子屋はそんな大事な事に気付かせてくれましたdash

下町の絆

僕は大学4年生の時に5ヶ月間、中央区にあるコミュニティラジオ局『中央エフエム』http://fm840.jp/index.htmlでアルバイトをしました。

その時に、中央区日本橋の神田祭のラジオ中継をしたのですが、その時に祭りに参加している人同士(地域の商店街の方々)が皆、あだ名で呼び合っていました。かっちゃん…ともちゃん…、小さい時から日本橋という場所で暮らしてきた人同士の強い絆を感じる事ができましたshine

その時、東京で、地域の人が、近所の人同士があだ名で呼び合い、共につながり合い生きていく事ができれば…と考えていました。

僕は今、浅草に住んでいます。この間、道がわからなくなり、とある商店のご主人に道を聞くと、笑顔で丁寧におしえてくれました。新宿で同じ事をしたら、こんなことは滅多にありません。

不登校で引きこもりになった2人のいとこ

小さい時は夏休み、お正月に必ず会って遊んだりしていた、いとこの2人兄妹。3~4年前から、2人ともいじめが原因で不登校になり、今はほとんど外にも出ず部屋に引きこもっています。特に妹の方は、現在中学3年生なのですが、学校に全然行っていないと聞きました。

こういう時に1番に親身になって助けてあげるのは家族です。そして周りにいる人、大人です。

もし、地域で先ほどあげた下町の絆のような濃いつながりがあれば、1人で苦しんでいる子供、悩んでいる家族を手助けできるんじゃないかと思いました。

上京、初めての一人暮らし、寺子屋 in八王子、下町の絆、不登校で引きこもりになった2人のいとこ

これらの事が、この『SENTOでつながるプロジェクト』を生み出すキッカケになりました。

人は人とつながりあって生きていく。

人は人とつながりあって成長していく。

人とのつながりが人生を楽しくする。豊かにする。

このプロジェクトの活動を通して、人とのつながりの大切さを伝えていきたいup

良い、濃いつながりを生み出して地域を元気にしたいup

皆さん、協力してくださいね!!!!!

2010年4月24日 (土)

はじめましてー!

皆さん、はじめまして!

SENTOでつながるプロジェクト代表の東将太と申します。

SENTO=銭湯ですspa

このプロジェクトは・・・銭湯で、銭湯から地域を、日本を元気にしていく!ことを目的としたプロジェクトです

shine

人と人とのつながりを生み出すきっかけになれば・・と思って動き出しました!

始めなければ、始まらないsign01

まず、やってみよう。

銭湯から、銭湯を使って、人と人のつながりを作っていこう!

まだまだ始まったばかりで、このプロジェクトは全然世の中に知られていません。

このブログから情報を発信して、いつかこのプロジェクトが大きなMOVEを起こす、そうなれば最高です。

なんで銭湯?

銭湯なんて必要ないでしょ?

地域のつながりって必要あるの?

若い人は銭湯行かないよ?

そう思われる方、すごく多いと思います。

それらに対する僕の考えはまた今度!

ゆとり世代と言われる1987年生まれの22歳、

ゆとりだけど夢はあります!社会人になってもやりたい事はある!

実現させるために動きます!動いてます!

さぁ、やるぞーーーーーーsign03