カテゴリー「語ります!」の記事

2010年5月15日 (土)

なんで銭湯なのか!?

SENTOでつながるプロジェクトの話をすると・・・

「えっ!?なんで銭湯なの?」と、

必ず聞かれます笑

正直、僕は昔から銭湯に通っていて、銭湯が好きで好きで仕方ないという感じではありません。

理由は・・・地域性と雰囲気です!!

この SENTOでつながるプロジェクトは地域活性化が目的。だから、銭湯を使って、銭湯から地域の人達がつながって、その銭湯にある周りの地域が少しでも活気づいてくれればいいな!という考えなんです。

銭湯が大繁盛するためにという、プロジェクトではありません。このプロジェクトがある程度の成果を出せた時は、銭湯ではなく、違う場所やツールを使って地域活性化のために活動していきたいと思っています。

銭湯は、それぞれの地域の人達のためのお風呂屋さん。

わざわざ電車に乗って遠くの銭湯に行ったりする人は、銭湯好きの人以外には、ほとんどいません。

家から近い銭湯に行くのが普通です。

そうすると、本当にご近所さん、その銭湯の周辺の地域に住む人しかその銭湯には来ません。

そうです。銭湯は地域の人が集まる拠点なんです!

何もしなくても地域の人が集まってくる場所!

ここを使えば地域活性化が出来るんじゃないか?

という単純な発想からきています。ただ、今の銭湯はお客さんがどんどん減って、経営的に苦しくなって潰れるところも多い現状がある。

それじゃ、せっかくの地域の拠点が死んでしまう!

逆に考えれば、この地域の拠点、銭湯を盛り上げれば、地域は元気になるんじゃないか!

この考えどうでしょうか?

それと銭湯の雰囲気、

昭和にタイムスリップしたような感覚になる歴史ある建物、

なんか落ち着くし、時間が止まったように感じる、

スーパー銭湯のような現代的なビルにはない良さ、

あの雰囲気は人の心を優しく、穏やかにすると思います。

地域性と雰囲気!

これが銭湯を使って、地域活性化をしようと思った理由です。

2010年4月29日 (木)

このプロジェクトをやろうと思ったキッカケ。

キッカケは1つではありませんでした。

色々な事が重なって、最終的にパッflairと頭に浮かんだのが、この『SENTOでつながるプロジェクト』でした。

上京

18歳で北海道から上京してきて、東京の人は冷たいな、怖いなという印象を受けました。実際会って話したりしてみると、そんな事はないんですが、満員電車の中では、大抵の人はちょっとでも体がぶつかったりするとイライラしだしますdespair

素直に…なんでこんな事で怒るのかな~と思ってしまいました。

他人というだけで態度が変わる・・・

初めての一人暮らし

東京の新居に着いた日に、隣の部屋の人に挨拶をしにいきました。

挨拶するのは当たり前と思っていましたが、あとで、東京ではアパートやマンションでは、わざわざ挨拶する人はそんなにいない。挨拶しないのが普通だと知りました。

隣に誰が住んでいるのかがわからない人もかなり多いということも知りました。

寺子屋 in八王子

寺子屋とは、僕が就職活動の最中に出会った小さな語り場の会。毎月2回夜に八王子に集まり、メンバーが日ごろの悩み、これからの生き方、今考えている事など、自由に何でも語り合う会。

メンバーは相模原にある会社の社長さん、僕の大学のOG、あとは僕を含め大学4年生(当時)数名。

毎回テーマが決まっているわけではなく、近況報告から始まり、これからやりたい事など、本当に何でも自由にしゃべれる場所shineでした。そして、皆で考えをシェアしあう。人に自分の本音で話すのは結構難しいんですよ。

そういう場所があるというのが、とても大事だなと思いました。寺子屋はそんな大事な事に気付かせてくれましたdash

下町の絆

僕は大学4年生の時に5ヶ月間、中央区にあるコミュニティラジオ局『中央エフエム』http://fm840.jp/index.htmlでアルバイトをしました。

その時に、中央区日本橋の神田祭のラジオ中継をしたのですが、その時に祭りに参加している人同士(地域の商店街の方々)が皆、あだ名で呼び合っていました。かっちゃん…ともちゃん…、小さい時から日本橋という場所で暮らしてきた人同士の強い絆を感じる事ができましたshine

その時、東京で、地域の人が、近所の人同士があだ名で呼び合い、共につながり合い生きていく事ができれば…と考えていました。

僕は今、浅草に住んでいます。この間、道がわからなくなり、とある商店のご主人に道を聞くと、笑顔で丁寧におしえてくれました。新宿で同じ事をしたら、こんなことは滅多にありません。

不登校で引きこもりになった2人のいとこ

小さい時は夏休み、お正月に必ず会って遊んだりしていた、いとこの2人兄妹。3~4年前から、2人ともいじめが原因で不登校になり、今はほとんど外にも出ず部屋に引きこもっています。特に妹の方は、現在中学3年生なのですが、学校に全然行っていないと聞きました。

こういう時に1番に親身になって助けてあげるのは家族です。そして周りにいる人、大人です。

もし、地域で先ほどあげた下町の絆のような濃いつながりがあれば、1人で苦しんでいる子供、悩んでいる家族を手助けできるんじゃないかと思いました。

上京、初めての一人暮らし、寺子屋 in八王子、下町の絆、不登校で引きこもりになった2人のいとこ

これらの事が、この『SENTOでつながるプロジェクト』を生み出すキッカケになりました。

人は人とつながりあって生きていく。

人は人とつながりあって成長していく。

人とのつながりが人生を楽しくする。豊かにする。

このプロジェクトの活動を通して、人とのつながりの大切さを伝えていきたいup

良い、濃いつながりを生み出して地域を元気にしたいup

皆さん、協力してくださいね!!!!!

その他のカテゴリー